ケノン 脱毛器

家庭用脱毛器

 

 

最近では海外のメーカーはもちろん、国内のいろいろなメーカーがたくさんの家庭用脱毛器を出しているので、『どれを選んだらいいのかわからない』、『どのポイントを比べて買ったらいいのかわからない』といった人も多いのではないのでしょうか?

ここでは家庭用脱毛器を買うときの正しい方法やチェックすべきポイントをまとめてみました。はじめて買う人はもちろん、買い換えを考えている人もぜひ参考にしてください。

 

脱毛器の脱毛方法

 

 

フラッシュ方式とレーザー方式では効果に差がでます。

フラッシュ方式でもレーザー方式でも、光を毛根に当てて脱毛していくこいとには変わりないのですが、レーザー方式の方が肌の奥の毛根まで光は届きやすいので、フラッシュ方式より脱毛効果が高くなっています。

 

ただし、効果が強い分痛みや、肌が弱いにも関わらず出力を上げすぎてしまうと、やけどや肌荒れなどの肌トラブルが起こってしまうことがあります。

 

脱毛効果と自分の肌の強さを考えて選ぶようにしましょう!

 

 

本体価格の他に消耗品の値段もチェック

 

 

どんなに本体価格が安くても消耗品にお金がかかってしまっては意味がありません。

 

家庭用脱毛器にはカートリッジがついていて、その部分から光を照射して脱毛します。カートリッジには使用限度回数があり、使い切ると買い換えなければいけないので、本体価格の他にカートリッジについても確認してから買うようにしましょう。

 

※カートリッジの値段は1つ3,000円〜7,000円くらいが相場です。

 

また、特に注意したいのはカートリッジが交換できない器種で、その場合は使い捨てになってしまいます。そうした脱毛器は本体価格が安いことが多いので、家庭用脱毛器を買うときに、本体価格の安いものを買うときにはカートリッジ交換式か使い捨てタイプかを必ず確認しましょう。

 

本体価格の他に消耗品の値段なども確認しましょう!

 

 

家庭用脱毛器で人気のある3機種をチェック

 

 

家庭用脱毛器で人気のある3機種をチェック

 

これまでは家庭用脱毛器の選び方や注意点を見てきましたが、ここからは家庭用脱毛器の中でも特に人気の高い、ケノン、トリア、ラヴィの3機種の脱毛効果や価格などを見ていきます。

 

まずは、それぞれの基本性能から見てみると、

 

  脱毛方法 照射範囲 消耗品
  ケノン   フラッシュ脱毛    9.25p2    カートリッジ
  トリア   レーザー脱毛    1.0p2    充電式
  ラビィ   フラッシュ脱毛    7.4p2    カートリッジ

 

3機種では脱毛方法や照射範囲、消耗品に違いがあることがわかります。もちろん、これ以外にも3機種にはまだまだ違いがあるので、

 

ケノン、トリア、ラヴィをさらに詳しく見ていきます!

 

 

肌やムダ毛の状態に合わせて使いやすい『ケノン』

 

 

本体価格は高いものの脱毛効果などのバランスが最も取れています。

 

ケノンは通販限定の家庭用脱毛器のため家電量販店などでは買うことができず、本体価格も69,800円と他の脱毛器よりも高くなっています。

 

しかし、

 

・脱毛器の出力を10段階に調整できる
・男性のひげ脱毛もできるくらい脱毛効果が高い
・美顔機能つき

 

このような特徴があり、出力調整が細かくできるケノンなら顔やVIOといったデリケートな部分の脱毛にも安心して使えます。

 

また、ケノンではカートリッジ交換を行えば何度でも繰り返して使うことができます。

 

さらに、美顔カートリッジにつけかえればいままで美容エステサロンでしか受けられなかった美顔エステが自宅で簡単に行えます。

 

ケノンは10段階の出力調整で肌に優しい脱毛ができます!

 

  本体価格 照射範囲  照射限度回数
ケノンの特徴   69,800円 3.7p〜2.7p=9.25p2   20000発〜200,000発

 

『ケノン』の照射面積は、2.5p×3.7p
『トリア』の照射面積は、1p×1p

 

『ケノン』の照射面積は『トリア』に比べて広くて大きいので、脱毛時間も短く早く処理が終わります。

 

さらにケノン』には、4種類の附属カートリッジがあるので、脱毛部位によって使い分けができるので衛生的でおすすめです!

 

ケノンは美顔器としても使える!

 

 

ケノンは先端のカートリッジを交換するだけで、高級エステサロン並のフォトフェイシャルが体験できます。

 

脱毛サロンでフォトフェイシャルをしてもらうと、1回あたり1万円〜5万円ほどかかります。

 

1回では効果がないので、最低でも5回は受ける必要があり、5回受けると5万円〜25万円ほどかかります。

 

ケノンなら脱毛器本体(69,800円)を買うだけで、何度でも自宅でフォトフェイシャルができるので、経済的にもかなりお得です。

 

フォトフェイシャルはメラニンを撃退するので、シミ・シワ・くすみ・毛穴に効果的です。2週間に1回程度、顔に照射するだけで肌がワントーン明るくなります。

 

【美顔機能を利用する際の注意点】

 

・照射の際には、付属のゴーグルを装着してから、気になるシミやくすみに照射する。

 

・顔は皮膚が薄くてデリケートな部分なので、いきなりレベル10で照射するのは絶対にNG!肌の敏感な人は、照射レベル1〜4の間で様子を見ながら照射しましょう。

 

ケノンの眉毛脱毛の使い方

 

 

ケノンの本体に付いてくるピンセット型の眉毛脱毛は、光脱毛ではなく高周波による脱毛です。

 

ピンセットで抜きたい眉毛のムダ毛をつまんで約8秒間ほど待っている間に、毛に高周波を流して抜きます。

 

『ケノンの眉毛脱毛は抜けない』と言われていますが、使い方が間違っているからかもしれません。

 

【正しい眉毛脱毛の使い方】

 

(1)電源を入れる

 

(2)白いボタンを押したまま毛をつまむ

 

(3)液晶画面に『まゆ毛脱毛器を使用中です』と表示されている間は、つまんだままの状態で待つ(8秒間)

 

(4)そのまま毛を引き抜く

 

ケノンはVIO脱毛もできる

 

 

Vラインのお手入れはしたいけど、エステサロンや医療脱毛でアンダーヘアをみられるのは恥ずかしい。

 

サロンで行うVライン脱毛って、どんな格好で脱毛してもらうか知っていますか?ペラペラの紙の紐パンを履いて、少しずつずらしながら脱毛をしてもらいのですが…

 

かなり恥ずかしい格好をして脱毛します。『パンツなんて履いている意味あるのか!』ってくらいに丸見え状態です。しかも、Vラインは毛が濃いから痛いし、剃ってもらう時なんてくすぐったくて悶えます。

 

でもケノンがあれば、好きな時にVラインの処理ができるし、人に見られることもないし、痛さも自分で調整できるからホントに楽です。